CTSとは

CTS(中央トランスレーショナルサイエンス合同会社)

創薬開発のトランスレーショナルサイエンスとは?

薬学部生として受講した最初の薬理の講義で、薬の原点は毒であったと学びました。それが患者や人々の健康や生活に役立つのは、それを上手に使う手立てを見つけ、うまく利用することに成功したからだと。その後40年にわたり何らかの形で医薬品の創生と開発にかかわってきましたが、まさにそれが医薬品開発に成功するための基本だと今でも考えています。つまり、患者にとってのリスク・ベネフィットをいかに評価するかで、これを具現化するためには、薬物に対する生体の応答性を、反応メカニズムを基に詳しく理解・定量化し、試験成績により、また必要に応じてそれを補足すべくデータベースも含めて評価し、ベネフィットがリスクを十分上回ることを具体的に立証していく。そのメカニズムは往々にして雑多な因子を包含し、それらが複雑に関連し、さらにそれぞれの因子が影響する程度は個人間でも異なり、また同一個体でも環境や条件によって変動することもあり得ます。中央トランスレーショナルサイエンス合同会社は、創薬・開発におけるこれらのチャレンジを、パートナーと共に見極め、創薬開発を確実に、かつ合理的に進めていくことを目指しています。

提携企業

契約中:

CTS 中央トランスレーショナルサイエンス
タイトルとURLをコピーしました