コンサルタント紹介

CTS コンサルタント

川合良成 CTS代表・TS専門コンサルタント

薬物動態、臨床薬理、M&Sの専門家(薬学博士)。グローバル製薬企業に所属し、米国、スイス、日本の研究開発拠点において、27年間にわたり生化学-非臨床-臨床のTranslational Science(TS)をリードしてきた。国内では数多くの新規医薬品承認に向けた開発戦略を展開した。主な職歴としてはスイスノバルティス社、PK&ファーマコメトリクスグループ長、ノバルティスファーマ㈱臨床薬理部長、同探索臨床開発部長、米国ノバルティス、Senior Expert Modeler、第一三共㈱開発本部TMCP部参事、バイエル薬品㈱クリニカルサイエンス部長等を歴任した。

アカデミック分野では、Journal of Pharmacokinetics and Pharmacodynamics;Editorial Advisory Board (2003-2008)、DMPK誌編集委員 (2006 – 2012)、同Editorial Advisory Board (2013-2020)、日本薬物動態学会理事(第9期、12期)を務め、薬物動態学会2008年フェロー、2010年北川賞を受賞。

構築したTS概念を広く医薬品の研究開発に利用して頂けるよう、2017年よりコンサルティング業を開始、2019年にCTS社を設立。

履歴書


朝野芳郎 PMxエキスパートコンサルタント

国内にて医薬品開発におけるファーマコメトリクス技術を牽引してきた専門家。主な職歴としてエーザイ(株)臨床統計部長、ファイザー(株)クリニカルファーマコロジー・バイオメトリクス部長、同クリニカル・ファーマコロジー部ディレクター兼ファーマコメトリクスグループ長を歴任し、新規医薬品のグローバル開発及び国内承認を推進した。臨床薬理を中心とした医薬品開発に精通しているが、特に母集団薬物動態(PPK)解析の草分けであり、近年では医薬品開発の標準となりつつある当手法による開発の合理化を促進すると共に、アカデミアと協働して専門家の育成・教育にも注力してきた。

アカデミック分野では、Population Pharmacokinetics 研究会副会長(2005 – 2010)、日本ファーマコメトリクス研究会副会長(2008 – )を務め、数多くのオリジナル論文、専門書を執筆。

2018年コンサルティング業を起業し、2020年よりCTS PMxエキスパートコンサルタント。

 

CTS パートナーコンサルタント

Harmen Frobeen(ドイツ・Lörrach)

Frobeen氏は、IT及びリスクマネジメントの専門家として、CTSのコンサルティング業務の基盤づくりをCTS設立時から支援している。

また、グローバル展開を目指す顧客のニーズがあれば、当該専門分野のコンサルティングも担当する。Frobeen氏はサンド薬品㈱つくば研究所でIT部門責任者を3年間勤めたほか、製薬企業に限らず、IT関連GRC (Governance, Risk & Compliance) と品質マネジメントの専門家として、銀行、保険、診断薬、生命科学や通信事業など、世界の幅広いスコープの顧客企業に対してソフトウェア開発や、その安全な運用、合理化の具体的な手法を、25年以上にわたり提供してきた。

母国語のドイツ語以外、英語、日本語、フランス語にて対応できる。

履歴書(PDF)

 


Prof. Ronald Sawchuk (米国・ミネソタ州Prior Lake)

Ronald J. Sawchuk教授は米国ミネソタ大学名誉教授(2010年~)であり、現在も非常勤の立場で同大学薬剤部門の薬物動態教育に携わっている。Sawchuk教授は2015年までミネソタ大学薬学部の薬物分析・薬物動態ラボの責任者を務め、数多くの専門家を同大学から輩出し(ポスドク、博士・修士)、現在も大学院教育プログラムとして薬物動態、modeling & simulation (M&S) を指導している。米国薬剤師会(APhA)2007年Research Achievement Award受賞、米国薬学会(AAPS)及び米国科学振興協会(AAAS)のフェロー。

Sawchuk教授は製薬企業のコンサルタントとしても多くの実績を持ち、生物学的利用率、剤型評価、非臨床から臨床にわたる薬物動態評価、M&Sについて、on-site或いはウェブ形式で企業研究者を指導している。

履歴書(PDF)

 


その他、CTS非常勤コンサルタントとして、CMCを含む戦略薬事業務に精通した専門家若干名と機密情報保持契約を締結しており、顧客ニーズを満たす専門家が適時参画している。

 

CTS 中央トランスレーショナルサイエンス
タイトルとURLをコピーしました